健康経営

「チャレンジ健康自己ベスト」宣言

私たち伊藤超短波では、多くの皆様に物理療法機器を活用していただくことで、われわれのミッションである「全ての人々が健康で幸せに暮らせる社會を追究する」こと実現するべく日々事業を推進しております。そのためにはまず、物理療法を普及させていく擔い手である私たち自身も健康であることが重要だと考え、健康経営への取り組みを進めております。

伊藤超短波はこれまでにも多くの醫療従事者やアスリート、そして多くの一般の方に治療器をお使い頂き、健康的な生活をお屆けしてきました。時代と共に治療器の役割も変化し、近年では癥狀の緩和や機能回復だけではなく、健康な身體を維持?向上する目的での機器活用もなされるようになりました。これからの社會にとって、私たちのつくる機器が提供できる価値はますます大きくなっていきます。

伊藤超短波株式會社 代表取締役兼CHO 倉橋 司

CHO(Chief Health Officer:
最高健康責任者)
代表取締役社長 倉橋司

私たち伊藤超短波で働く一人ひとりが今まで以上に健康で活き活きとしていることができれば、企業としての健康に対する真摯な姿勢がこれまで以上にお客様に伝わり、私たちの製品への信頼が高まることにも繋がると考えています。

私たち従業員がより健康的な生活を維持し続けるためには、健康経営への積極的な取り組みを継続して行うことが必要だと考えますし、また自社製品である物理療法機器の生活の中での活用も引き続き行っていく必要があると考えております。今後も従業員が健康であり続けることへのチャレンジをサポートする取り組みを継続して行っていきます。

そして當社での取り組みで得た成果を健康経営に取り組んでいる企業様や今後取り組みを検討されている企業様へ、物理療法機器を用いた健康経営への取り組みとして共有させていただくことで、物理療法機器の普及へと繋げていきたいと考えております。

「伊藤超短波の社員のように、健康になりたい」と、多くの皆様に言って頂けるよう、この「チャレンジ健康自己ベスト」に従業員全員で協力して取り組んでいくことを宣言します。

伊藤超短波株式會社 代表取締役兼CHO 倉橋 司

代表取締役社長兼CHO 倉橋司

健康経営推進體制

図:健康経営推進體制

取り組み目標と実績

「チャレンジ健康自己ベスト」として下記を設定して取り組んでいます。

2018年実績 2019年実績 2022年目標
健康診斷受診率 100% 100% 100%
BMI適正範囲內 62.5% 66.4% 70%
1日平均歩行數 6,080歩 7,000歩
歩行以外の運動実施率 41% 46% 50%
喫煙率 28% 25% 20%
歯科検診受診率 40% 60%
年次有給休暇取得率 51% 64% 60%
ストレスチェック受検率 94% 96% 100%
健康サポート制度利用率 76.5% 90%

2021年スローガン 2021年スローガン

PAGE TOP

中文字幕亚洲日韩无线码